MEMBERS

役員

中野宏一(Koichi NAKANO)
代表社員・CEO

1984年、秋田県湯沢市生まれ。東京大学法学部卒、東京大学公共政策大学院修了。東京の全国紙編集部で3年間校閲業務に従事した後、ITベンチャー企業に入社。SNSや「拡散」の専門家として、2013年参院選Twitter1800万件「世論」分析など、民間企業、マスメディア、政党に対して分析・助言をおこなう。2015年イーストタイムズ創業、代表に。デジタルビジネス事業部責任者として、VR動画やネットメディア、SNSを活用した露出戦略を考案する事業などを展開する。

安藤歩美(Ayumi ANDO)
編集長・CCO(最高内容責任者)

1987年、千葉県木更津市生まれ。青学大国際政経学部卒、東京大学公共政策大学院修了(公共政策学修士)。全国紙記者として宮城県で東日本大震災後の被災地の報道を担当。2015年独立し「イーストタイムズ」を創業。THE PAGEで「カメラが去ったあと・被災地のいま」「震災とイエ」を連載するほか、社会問題から国際問題まで幅広く記事を執筆。2016年に日本初の360°VR動画ニュースサイトTOHOKU360を立ち上げ、編集長に。360°VR動画の制作も手がけている。合同会社イーストタイムズの報道事業部責任者。

編集部記者

Matthew Kolasa(マシュー・コラサ)
在米記者

米ニュージャージー州プリンストン出身。米ペンシルバニア大学で歴史学と哲学、政治学、経済学を学んだ後、英オックスフォード大学で美術史の修士号、米ボストン大学で国際関係学の修士号と国際法の法務博士を取得。米国弁護士資格取得。ネットニュースFairObserver.comで創業編集者を務め、デイリー・ペンシルバニアン紙でシニアフォトグラファーを務めた。30カ国以上を旅行し、フランス語とポーランド語が流暢で、日本語とドイツ語が得意。THE EAST TIMESの海外特派員として記事、ビデオ、コラムを制作している。フェンシング全米代表としてジュニアワールドカップ優勝の経歴も。
執筆記事はこちら
根本聡一郎(Soichiro NEMOTO)
記者

福島県いわき市出身東北大学文学部卒小説家NPO法人理事イベントプランナー大学在学時に東日本大震災が発生し避難所ボランティアを経験自身の被災時にマスメディアで発信されている情報と実際に現地が必要としている情報との間にギャップを感じネットから被災地の今を届けるNPO法人メディアージに参加理事を務めるリアル謎解きイベント企画団体謎杜プロジェクト代表も務める学生時代から東北を舞台にした小説を書き始め出版している。執筆記事は、こちら

若栁誉美(Yoshimi WAKAYANAGI)
記者

宮城県仙台市出身。立教大学文学部英米文学科卒。仙台市を中心に活動するライブリーディング(朗読)ユニット、100グラードの代表を務める。東北地方のユニークな話題を発掘することが得意で、地元紙も見つけていない独自の地域情報を全国の読者に伝えている。
執筆記事はこちら