【お知らせ】Podcastラジオ番組を開始。野球パキスタン代表監督色川冬馬氏による若者への応援番組

【お知らせ】Podcastラジオ番組を開始。野球パキスタン代表監督色川冬馬氏による若者への応援番組

  • On 2016-04-19

12980379_10201797039203467_891347170_n

日本初の360度VR動画ニュースサイトTOHOKU360(http://tohoku360.com/)を運営する合同会社イーストタイムズは、4月19日、TOHOKU360のサイト上にて、Podcastラジオ番組の配信を始めました。

ラジオパーソナリティに、日米でマイナーリーグ選手として活躍し、野球イラン代表監督や13歳以下の日本代表監督を歴任し、現在パキスタン代表監督と、南仙台ボーイズの監督を務める色川冬馬さんをお迎えし、「若者よ、悩みを語れ!」というタイトルでスタートします。

色川監督は、野球代表監督として国際的に活躍する一方で、宮城県や東北を中心に、小中学生を対象に野球を教えています。その色川監督のLINEには、小中学生から様々な悩み、相談が寄せられています。色川監督はそんな相談への回答を、全国の同じように悩んでいる少年少女に届けられれば、彼らの可能性をもっと広げられるのではないかと、今回の企画に至りました。

番組では、色川監督が少年少女たちから寄せられる質問、悩みに答えるほか、様々なゲストをお呼びする予定です。

番組ホームページはこちら:色川冬馬の「若者よ、悩みを語れ」

◆色川冬馬:

1990年仙台市生まれ。聖和学園高校、仙台大卒。大学在学中にメジャーリーガーを目指し単身渡米。2年後独立リーグと契約。米・メキシコ・プエルトリコ等のリーグでプレーした後、2013年現役引退。宮城県内で中学生を指導している中、イランでもユース世代に野球指導。その実績が認められ、2014年イラン代表監督就任。16年間で1勝しか出来なかったイランを2015年西アジアカップで準優勝に導き、パキスタン代表監督に就任。9月のアジア選手権でパキスタン代表を初のWBC予選出場へ導いた。リトルリーグのラテンアメリカ野球選手権日本代表監督も務め、近年では野球を通じた世界各国の子供たちへの教育事業にも力を注いでいる。

0 Comments