ABOUT

《設立理念》

「現場主義のインターネットメディア」確立を

インターネットの登場で、マスコミの情報へのアクセス権と発信権の独占が崩れつつあります。 個人が情報発信力を持ち、既存のマスコミの姿勢を批判できるようになったことは画期的で、歓迎すべき社会変化だと思います。

一方で、現在のインターネット上には、取材や裏取りをしないまま、ネット上やテレビ、新聞で見た情報だけで記事を書くニュースサイトが多く見うけられます。

それでいいのでしょうか。読者に代わってその現場に行き、土地の人の声を聞き、今何が起きているのかを伝える。それが情報の価値であり、報道の原点であるべきだと考えます。

東日本大震災から、4年と3ヶ月が経ちました。被災地での取材を通じて、震災であらゆるものを失いながら、この一日、この一瞬を大切に、懸命に生きる人々の姿を見てきました。人が生きるとはどういうことなのか、どれだけ尊いことなのか。そんなことを、少しでも感じてもらえるような文章を書き続けていきたいと思っています。

THE EAST TIMESは、インターネットという強力な媒体を使いながら、取材に基づいた確かな情報をお届けします。既存のマスコミともインターネットニュースとも一線を画す、新しい「現場主義のインターネットメディア」をここ、東北から始めます。

2015年6月 仙台にて
THE EAST TIMES 代表社員・CCO
TOHOKU360編集長
安藤 歩美

「情報流通」に革命を

私たちイーストタイムズは、「ニュース」と「PR」の専門企業です。SNSやスマートフォンの普及によって、誰もが簡単に情報を発信し、受け取ることができるようになりました。新しい時代には、新しい「ニュース」と新しい「PR」のあり方が求められています。

従来、情報の出し手(企業や自治体など)と受け手(消費者)を、新聞・テレビ・雑誌などのマスメディアが繋いできました。インターネットやSNSが登場し、多くの人々の情報の受け取り方が変わった現在、新しい情報の出し方が必要となってきます。

新しい情報技術の発展は、可能性の拡大でもあります。例えば、地方にいても、東京以上の強い魅力を持った情報コンテンツの発信を全国、世界にできるようになってきました。

私たちは、新聞・テレビ・雑誌という旧来のメディアが持つ情報流通の技術に基づき、マスメディアに効果的に露出しながら、インターネット・SNSという新たなメディアによる「情報流通」をご提案いたします。

2016年3月、法人設立に際して
THE EAST TIMES 代表社員・CEO
中野宏一

《会社概要》

名称:合同会社イーストタイムズ(THE EAST TIMES,LLC)
設立法人設立2016年3月1日(創業2015年6月1日)
代表者代表社員・CEO(最高経営責任者) 中野宏一
代表者代表社員・CCO(最高内容責任者) 安藤歩美
社員数6名(2018年5月時点)
所在地〒984-0051 宮城県仙台市若林区新寺2丁目2番35号本田ビル2F
連絡先TEL:022-781-7561 FAX:022-781-7562
URLtimes.the-east.jp
MAILinfo@the-east.jp