「メディアprの極意」元新聞記者が教えるテレビ、新聞・雑誌、ネットのprマーケティング活用法

「メディアprの極意」元新聞記者が教えるテレビ、新聞・雑誌、ネットのprマーケティング活用法

  • On 2016-07-21

テレビや新聞・雑誌、ネットニュースで企業や商品、地域の魅力などを発信したいが、どうやったら取材してもらえるか分からない。取材を呼びかけたのに、ニュースとして取り上げてもらえなかった……。そんな疑問や、苦い経験がある企業・団体・自治体の担当者は多いようです。

企業PRや、商品のPRプロモーション、地域・自治体の観光PRなどにとって、テレビや新聞・雑誌のニュースは、話題作りに効果を発揮します。さらにニュースがSNSで拡散すれば、インターネットを使う若者世代に強くアピールすることができます。

今回のセミナーでは、元朝日新聞ベテラン記者の平間真太郎氏が、話題作りの起点としてテレビ、新聞・雑誌、ネットニュースを上手に使う方法をご紹介します。

このほか、ソーシャルメディアPRの専門家やネットニュース編集長が、SNSでの拡散などPRのさまざまなお悩みにもお答えします。お気軽にお越しください。

【「メディアPRの極意」~元新聞記者が教えるテレビ、新聞・雑誌、ネットのPRマーケティング活用法~】
【対象者】企業や団体の広報・マーケティング・PRの担当者
【日時】2016年7月21日(木)15:30〜17:30(15:00開場)
18:00から同会場で懇親会開催
【場所】スタイラス(http://stylus-cr.net/about
仙台市青葉区春日町1-5 SKビル定禅寺3F
【料金】1000円(1ドリンク付き)/懇親会参加は別途2000円
【申込】http://times.the-east.jp/seminarapply/
事前申し込みが必要です。必ずこちらのフォームからお申込み下さい。
【主催】合同会社イーストタイムズ企画事業部

★主な内容★
・こんな苦い経験ありませんか?
~記者として見聞きした残念な実例~
・「相手」を知る
~メディアの行動のツボを知ることがPR成功の第一歩
・「自分」を知る
~アピールポイントを正確に伝えつつメディアの興味を引く~
・メディアの心をつかむアプローチ術
~プレスリリース、取材対応、アフターケア、そして総合的なメディア戦略~
・twitterやfacebook、どう活用すれば購買につながるの?

【講師】
■平間真太郎(元朝日新聞記者、イーストタイムズアドバイザー)
(株)モア・インタレスト代表取締役。ジャーナリスト、マスメディア戦略アドバイザー。朝日新聞記者として東京、札幌、仙台などで13年間勤務。国政選挙や地方自治、地域医療などを取材。特に選挙では全国を駆け回り、国政や統一地方選のほか、北海道から九州までの16知事選などで取材や当落判定、紙面製作全般に関わる。2011年4月末から東日本大震災の取材に奔走し、2014年に独立。仙台を拠点に雑誌やネット記事の執筆、経営者インタビューなどを手がけている。

【コーディネーター】
■中野宏一(イーストタイムズ創業者、代表)
秋田県湯沢市生まれ。東京大学法学部卒、東京大学公共政策大学院修了。東京の全国紙編集部で3年間校閲業務に従事した後、ITベンチャー企業に入社。SNSや「拡散」の専門家として、2013年参院選Twitter1800万件「世論」分析など、民間企業、マスメディア、政党に対して分析・助言をおこなう。合同会社イーストタイムズ代表。

■安藤歩美(イーストタイムズ創業者、TOHOKU360編集長)
青山学院大卒、東京大学公共政策大学院修了(公共政策学修士)。全国紙記者として宮城県で東日本大震災後の被災地報道等を担当。2015年独立、ネットニュースTHE PAGE記者として数百万人に読まれるヒット記事を連発。2016年、日本初のVR動画ニュースサイト「TOHOKU360」を立ち上げ編集長に就任。取材・執筆のほか、VR動画の制作・編集も務める。

※PR、動画制作などの企業様のご参加は、お断りさせていただく場合がございます。ご了承のほどよろしくお願いいたします。

 

くわしくはこちら

https://www.facebook.com/events/1752813178319807/

0 Comments